Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
戦国IXA(イクサ)攻略・日記TOP ≫  武将育成攻略 ≫  IXA「武将」シミュレータ

IXA「武将」シミュレータ

スポンサードリンク
IXAwikiにある武将性能詳細一覧を更に強力にした、高機能カスタマイズ可能な武将シミュレータハイドさんが作ってくださいました。2011/7/23

武将シミュ、最新版ダウンロードはこちらから
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/360936
pass:hid

2012年7月10、バージョンアップ

・「2012年7月」の新武将カード情報、新機能「部隊スキルシミュレータ追加

2012年5月27日、バージョンアップ

・「2012年5月」の新武将カード、金爆イベントカード情報追加。

2012年4月11日、バージョンアップ
・「2012年4月」までの新武将、スキル対応。

2011/12/24追記
武将シミュver.4.4.にバージョンアップ
紹介するのが遅くなってしまったのですが、ハイドさんが武将シミュをバージョンアップなさいました<(_ _*)>

・2011/12月新武将カード情報を追加
・一部機能していなかった項目を修正

2011年12月新武将カード情報が追加されたハイドさんの武将シミュver4.4です。
デザインも前回と比べて少し変更となっている気がします。

基本的に「背景に色が付いた項目」が、ドロップダウンリストや直接入力できる箇所になっています。
赤く囲った場所、また青く囲った場所が「用語解説」ページとなっています。
追記ここまで

2011/12/2追記
ハイドさんが再びバージョンアップしてくださいましたが、パスワードがhid になっています。

今後はixaではなく、「hid」になっているので、お間違い無いようにしてください。

Excelで使用するファイルデータです。

鮎滝さんが、ハイドさんのシミュレータをカスタマイズされ、それを参考に使いやすくして下さった模様です。また武将シミュにあった、「部隊防御シミュ」は合成シミュの方へ追加されたので、今回は削除し、新たに「実質期待値シミュ」を移植してくださった模様です。

カラーリングなどされて、一層使いやすくなったので是非活用して頂ければと思います。追記ここまで

2011/8/3追記ハイドさんが改良して下さった場合、最新のバージョンをDLできるリンクをここで差し替えていきます。このページのリンク先が一番最新のものです。他のページにあるリンクはこのページに飛ぶように変えましたが、まだ見逃している部分もあるかもしれません。ここに最新版のダウンロードリンクを表示するので、このページからダウンロードしてください。追記ここまで

2011/9/9追記 バージョンアップ
・9月の新武将、千利休データと、特殊スキルがソートされた際のエラーメッセージ表示を修正。

この後に続く文章は古いものなので、初めて武将シミュを使われる方は、武将シミュレータの使い方2 条件によって武将をソート、優劣を確認などをご覧ください。

最初にエクセルで開くとマクロがどうたらと
一番最初に武将シミュレータのエクセルデータをエクセルで表示させると、画面上に「マクロの機能を一部表示〜」といったメッセージが表示されて、一部シートの機能が非表示になっています。

これは「表示を許可する」にチェックを入れて下さい。全く怪しいものではありません。

チェックを入れることで全ての機能が表示され、全ての機能を使用できるようになります。

凄く簡単にですが利用方法を説明させて頂きます
私も先ほどハイドさんのコメントに気づいてDLしたばかり、また元々所領シミュレータも使いこなせていないので、本当に簡素な説明しかできません。

しかしそれでもとんでもないものだと一目で分かりました。

基本的にIXAwikiにある武将性能詳細一覧の表を踏襲しつつ、更に細かくカスタマイズ可能で、より深い武将の分析が可能となっています。

武将ランクとスキルレベルも入力可能
左上で武将ランクとスキルランクもカスタマイズ可能となっています。

まずシート左端上にあるこの部分で、「武将ランクとスキルレベル」のカスタマイズが可能となっています。

これはwikiにはない機能となっています。武将ランクによって、どれだけの攻撃、防御、兵法値になり、スキルレベルの変化によって、どのような影響、差が出てくるのか、比較することができます。

当然各兵科、兵士毎の比較も可能
対象兵科、兵科による能力の違いをここで兵科を変えることで確認できます。

シート最上段H2〜J2にある部分で、統率する兵士の変更が可能となっています。

これはwikiの機能と似通っていますが、一つのコマンドで全て一覧が変化するという、とんでもない構造となっています。

当然足軽から大筒、そして新秘境で獲得できるNPC統率時、全ての状況に対応されています。

表が見づらい場合は列の幅を拡大してください
カーソルの中になんて書いてあるのか見づらい場合は、列の横に延ばせば解決です。

基本的にwikiの武将能力表と同じ構造になっているので、すぐ理解できると思いますが、なるべく一覧で全て理解できるように、表示される様になっているので、項目によって名前の続き、どのようなことが書かれているのか知りたい時は、列の幅を拡大すればオッケーです。

E,F,Gの列を横に拡大すると、指揮兵数、槍統率、弓統率の表示が全て表示されました。

上の画像のE,F,Gの列を横に拡大すると、この様に各名称がすべて表示されました。

こういった表を作るときはサイズを合わせる、一定のサイズで表示するように作らないといけないので、非常に大変だと思われます。

スキル込コスト比
これはハイドさんが作られたこの武将シミュレータ独自の機能の一つだと思われます。

シート右側にあるAV,AWの列には、追加スキル込のコスト比のランクが表示されます。

AV,AWの列にありますが、武将が所持しているスキルの能力、期待などを加味した上のコスト比、一定の法則に基づいて算出されている、ワンランク上のより実態に近いコスト比となっています。

「スキル威力を含めた」コストパフォーマンスといって良いと思われます。

スキル込実コストの部分にカーソルをあてると、この様に算出方法の説明文が表示されます。

スキル込コスト比1と2の項目欄の上にカーソルを合わせると、どうやって算出したか、その計算方法が表示される仕組みとなっています。

部隊防御シミュレータ
BLからBPの列には、部隊総防御力シミュレータまで備わっています。ステ振りに応じてこう別に算出されます。

武将毎の能力比較は、もっと細かく比較できるはずなのですが、私が全て理解できていないので一先ず置いておきます。

シート一番右側にある、BLからBPにあるのが、通常4名1部隊の部隊防御を比較できるシミュレータです。

武将名、武将ランク、そしてステ振り、攻撃極振り、防御、兵法、どのステータスに極振りしたか、その違いまでも計算できる仕様となっています。

当然統率する兵士もカスタマイズでき、それによる部隊防御力が瞬時に計算される仕組みとなっています。

これによって実際に部隊を組むことなく、また手に入れていない武将でも、実際の部隊防御力を確かめることができます。

部隊防御力を高めるだけメリットが高い「鉄足防衛部隊」、コスパがよい「避雷針部隊」などのシミュレーションが簡単に実行できます。

表示する項目もソート、カスタマイズ可能です
各項目で、ソート、表示する条件も細かく設定できます。

6行目にある各項目ごとに、横にあるボタンをクリックすれば、表示する条件を更にソートできます。

条件を更に絞ることで、それに適した武将のみシート内に表示されるようになります。

まさしく武将能力比較を追及したシミュレータ
所領構成の比較、その計算方法を考えた上で、所領・償還シミュレータをお作りになったハイドさんがまたとんでもないものを作ってくださいました。

あのIXAwikiの優秀な武将データ比較ページを更に高機能、高カスタマイズ、新機能を追加した武将シミュレータです。

次は武将シミュ、特に防御武将に絞ったデータ分析シートを作成してみました。
パッとしない意外な武将が実はコストパフォーマンスがかなり良かったりと、使えないなと思った武将が案外面白かったりします。
かなり細かい話ですが、興味あれば。

ハイドさんのコメントですが、特に防御武将に絞ったということで、合戦中にあまりインできず、拠点に部隊を置きっぱなしの方も、これによって実現できる範囲の強力な部隊を作ることが可能になったと思います。

シミュレートした上で武将確保、育成が可能に
これまではwikiを拝見しながら、武将編成、部隊編成を考えるか、何となく自分の考えて部隊を組んだり、武将を確保されていた方がほとんどだったと思いますが、この武将シミュレータを使いこなすだけ、前もって部隊編成をシミュレートでき、それに合わせた武将を確保、育成させていくことができると思われます。

また武将ランクに応じて、武将ステータスが瞬時に表示されるので、A剣豪を★4、★まで育てた場合の攻防値、スキルを加味した上の比較、能力を見て取ることができるので、育成の励みにもなると思います。

部隊防御力シミュで簡便に部隊総防御力を
これもやはり大きな機能の一つだと思います。

手に入れたい武将、防衛で使いたいと思っている武将を4名当てはめていけば、瞬時にその統率兵における部隊総防御力が判明できます。

また武将兵法値、部隊兵法地ボーナスの加算によるスキル期待値の上昇といった、こんな非常に複雑な計算を全てエクセルが自動計算してくれるという、本当にとんでもないものになっています。

一般的には評価が高くない武将でも実は
ランクアップさせた防御極振り武将、兵法極振りでもそうですが、ハイドさんも仰っていますが、市でも特に高値というわけでもない、手に入れやす武将が実はランクアップさせていくと、という「掘り出し物武将」を見つけることが出来るツールでもあると思います。

これは以前あれこれさんも記事の中で触れていたことだと思いますが、数字を積み稼寝ていくと、実はという武将が数名見つかると思われます。

私がこのツールの機能のほとんどを理解して、そういった武将を紹介できればよいのですが、中々使い手の知能が追いつかないのですが、あの部隊防御力シミュレータは、誰でもすぐに活用できてとても優れた機能だと思います。

私も部隊防御シミュで、まず鉄足防衛部隊に向く武将編成を考えていきたいと思います。

ハイドさんは数学、数字の世界をとても深い部分まで理解されている模様ですが、、理数系の方はそういう傾向があるのかもしれませんが、エクセルにも非常にお強い、エクセルを高度に使いこなされているということが、一連のツール作成で判明しました。鬼に金棒とでもいいましょうか。

エクセルのマクロをここまで使いこなせる方は、そうはいらっしゃらないと思われます。

本当にとんでもない方が、うちのブログを介して色々提供してくださっているということになるのですが、ハイドさん武将シミュレータありがとうございましたm(_ _)m


コメント
投稿者:ハイド(2011年07月24日 05:10)
説明が巧くはないので実際の利用例を用いてこのシミュの使い方を。。

例えば、『天極カードを除く全カード』の中で『赤備え』を用いた防御でコスパが良い武将を探し出したいとします。
まず、B欄『R』のオートフィルタ矢印を選択、フィルタ対象から『天』『極』のチェックを外します。
次に対象兵科を『赤備え』にセット。
そして、Q欄『実質コス比』またはAV欄『スキル込み実コス比』で降順にソートします。
この2種類がどう違うのかはシートに付したコメントを参照下さい。(説明していると文面が長くなるので省略)

ここではQ欄『実質コス比』で降順ソート。
これで望みのデータが表示されます。

以下、トップ10を抜き出してみると・・・

1.斎藤義龍 (BB)
2.江 (AB)
3.ねね (BE)
4.朝倉義景 (DD)
5.風魔小太郎 (DE)
6.おまつ (BD)
7.長束正家 (CB)
8.初 (DC)
9.伊達輝宗 (CB)
10.愛姫 (AB)

抜群のコストパフォーマンスを誇る特斎藤義龍さんがトップ、
攻撃加速のブースター役としての使い方が王道(?)である江が実はそれに次ぐ次点、相当優秀な馬防カードであったり、
攻撃武将としてはスキルが優秀でも兵数がパッとしない2コス姫武将、愛姫や、7月新武将カードの長束さんがかなり馬防には適した存在である事が分かります。
(コス比が良くても統率が低いとあれこれさんの研究にもある通り、兵の損耗が大きくなるので順位が高くてもオススメできません。)

条件によって必要な欄をソート。
これが基本的な使い方です。
投稿者:ハイド(2011年07月24日 05:50)
次に左上設定項目について。
上でも筆者様が触れて下さっていますが、武将ランク・スキルレベルが一括で変更できます。

また、右端の方に詳細設定欄、があり、ここで部隊兵法増加値・部隊総防御力を設定できます。
各人の所持している武将陣によってこの値はかなり変動すると思われるので、その下の部隊防御シミュから自分に合ったぐらいの大体の数値を探せるようにしました。
ところでこの2つのパラメータは何に使うのかと言いますと、先ほど出てきた『スキル込み実コス比』で使います。
これは直感的でには、コスト比にスキルの効果を加味したものです。
以前ここのブログでもさまざまな方が検証して下さっていてその顛末を見ていたのですが、一般に“スキルの効果”を客観的・定量的に評価するのは難しいようですね。。
そこで、割り切って対象とする部隊の総防御力・部隊兵法値をあらかじめある一定値に決めておいて、どのスキルも
『部隊総防御力(設定一定値)×スキル期待値』で比較しよう、という事にしたのです。
仮定として、
・対象武将は防極振りにしてある。部隊内には対象武将以外に軍師が存在し、その軍師武将の兵法値により主に部隊兵法値が定まっている
とします。
すなわち、対象武将を兵振りにする場合は考えていません。

ぶっちゃけ、兵振りしてたとえ対象武将が部隊内で最高兵法値になり、軍師ポジションになったとしても一般には、高々スキル発動率が数パーセント程度変動するぐらいです。
この差は、スキル期待値に反映すれば10の-4乗ぐらいの話になり、これぐらいの変動だと変化が小さすぎて比較が。。
スキル期待値×部隊総防御力、でスキル効果を考える時、部隊総防御力の正確な値なんて場合場合により全て異なり、そもそもにこれがアバウトな値なのです。そのアバウトな値に対して10の-4乗の大きさ、そんな小さな変化に敏感な数字を掛けてその結果を比較したとして、どれほど信用できる数字が出てくるでしょう。
出てきた数字全てが誤差の範囲で判断・判定も何もあったものではなかったです。。

以上の理由で、この手法に採る事にしました。
算出式等はシート上でコメントで付してあります。私としてはそれなりに説得力のある式に近づけたつもりでいます。
投稿者:ハイド(2011年07月24日 06:16)
最後に特定武将を育成・スキル付加する場合について。
まず、シミュには『武将検索』という機能が付いています。
C5欄に検索する武将名を入力すると、その武将のステータス欄がその横にずらっと持って来れます。
そして何かしらのソート操作をしたとき、その検索武将が全武将中何位なのかが表示されます。

Q4欄(ランク変更)、U3・U4欄(スキル追加)の2つの枠では、検索武将に対して初期スキル以外に自分で任意のスキルを追加した場合orランクアップさせた場合のデータを表中の他武将のデータと混ぜて比較する事が出来ます。
これを用いれば・・・

初期スキル槍衾で時の人になっている新武将清水宗治さんを例に出します。
清水さん同一合成を繰り返せば、一番うまく行った場合、初期スキル『槍衾』の合成テーブルより、『槍隊円陣』『槍陣の極み』の2つの追加スキルを持つとんでも槍防スキルの清水さんが出来る可能性があります。
この清水さん、さて防御で使えばどれぐらいのコスパなのか、コスト比をいくらにみなせばよいのかを考えます。
ノーマル清水さんのままでは、例えば兵科を長槍にしてスキル込み実質コス比で降順ソートすると、(天極を除く194枚のカードの内)
54位です。
この状態で追加スキル欄に『槍隊円陣』『槍陣の極み』を追加すると29位に。
これはスキルレベルが1の時の結果です。スキルレベル5、3槍防スキルをLv5にすると、トップテンに16位まで順位が上がります。。
これにより、スーパー清水さんがもし完成すれば、合成材料として以外に、清水さん自体をそれなりに育てて、スキル期待で槍防部隊に混ぜるのはまあまあ有力であるという結論が得られます。
そしてこれは部隊総防値が高ければ高い程顕著になるので、強い人が扱えば扱う程清水さんは強くなります。(もっとも、強い人はきっちり清水さんから移植して他の有力武将に円陣等を移植するでしょうがw)
(※部隊総防:12万 部隊兵法:8%という設定)
適当な武将にみてくれに拘らずにとりあえず堅陣布陣を付加する、という戦略も実は相当大きな効果があるのが分かります。

これで一通りの使い方説明終了です。
長文失礼しましたー
投稿者:ハイド(2011年07月24日 06:37)
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/258218
pass:ixa

朝から長文書くと寝呆けている・・・w
肝心の改良版url忘れてました。
投稿者:筆者(2011年07月24日 22:37)
ハイドさんわざわざ詳しく説明もしてくださり申し訳ありません。
近日中に、一動作ごとの画像を保存して、それを添えつつ、ハイドさんのご説明をお借りして、武将シミュの使用説明記事を作りたいと思います。

私のことですので、まだこれだけ教えて頂いても、右端の詳細設定の関係性が理解できていないのですが、B6のRで範囲を特から序まで絞った場合、これは他の範囲でも同じだと思いますが、一定範囲に絞ると、右端のBL.BMの詳細設定が部隊単位から個人単位にシートが変更されるというのは仕様ということは理解できました。

他の部分に関してもハイドさんが今回説明してくださった、江姫と清水氏の部部は大体は理解できましたので、近々画像を添えて記事書きたいと思います何から何まですみませんm(_ _)m
投稿者:鮎滝(2011年12月10日 22:49)
ハイドさんのファイルを改造した「武将データ分析_改造版_111210」です。

部隊編成シミュレータを作り終えたので、アップローダに上げてみました。

総攻撃力と総防御力は、実際に組んでみた部隊と同じ値が出ているため、これであっていると思います。期待値計算は、槍攻スキルを槍部隊全体にかけるなど、少しいじっています。

以前、ご紹介いただいた実指揮数・攻撃力・防御力分析、BushoCard、合成シミュレータなども込み込みです。切り離した方が軽くなるんでしょうけど、切り離し作業も大変なので^^;

http://www1.axfc.net/uploader/Li/so/116177
pass:12ixa10
投稿者:筆者(2011年12月11日 23:07)
うわーこんなに凄いものをアップして頂き、本当にありがとうございます<(_ _*)>
あの鮎滝さんがハイドさんのシミュレータを改造して作られたものが誰でも使える様になったと。
それにしてもページ数と内容が非常に重厚になってますね。
武将指揮兵数・攻撃力・防御力分析のページ、比較するソートする項目が非常に多くて驚きました。
それにしてもIXAのwikiのデータを一部引用しているとは、隅々まで網羅されていて、先ほどDLさせて頂いたのですが、驚きの連続です。
多機能で様々分野で非常に便利だと思うのですが、その中で私が瞬時にこれはと思ったのは、スキル性能早見表です。
この色で瞬時に判断できるというのは、発想が非常に斬新で尚且つ誰にでも全体のイメージを把握できるような気がします。

こんなに素晴らしいものを無償で提供して下さりありがとうございます。紹介させて頂きますm(_ _)m
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
IXA武将シミュレータの使い方をハイドさんの解説を元に紹介したいと思います。まずは前提となるマクロの設定を有効にします。2011/7/31 [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2011-08-01 12:52)
IXA武将シミュレータの使い方1 マクロの設定を有効にに続いて、ハイドさんの紹介分を元に、実際の使用方法を説明したいと思います。まずは一番基本的な使い方、対象条件における実質コスト比などの優劣を比較す.. [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2011-08-01 14:14)
ハイドさんが、所領シミュ、武将シミュに続いて、追加合成シミュレータ、合成シミュレータを作ってくださいました。2011/8/27 [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2011-08-27 22:32)
砲防武将に砲防スキルとして鉄壁の備えを追加の選択肢。ベストではなく、ベターでもないかもしれませんが、あまり課金できない方には悪くない気が。2011/9/17 [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2011-09-17 22:36)
「シミュレータ」の話。ハイドさんの武将シミュレータ、2012年5月追加新武将対応。 [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2012-05-29 20:17)
 戦国ixaにはまって、既に1年以上。メインワールドも統合し、剣豪時代も経験しました。そんな中で、最近の自分のトピックは、”本当にコストパフォーマンスの良いスキルとは?”となっています。  最近の戦国.. [続きを読む]
from ゲームは今でも心の友 戦国ixaの所領☆8考察 (2012-09-06 19:09)
「シミュレータ」の話。スキル発動後の総攻、総防の値、その分布を目視できるシミュレータ、新部隊シミュレータ誕生。2012/9/7 [続きを読む]
from 戦国IXA(イクサ)攻略・日記 (2012-09-07 00:40)
 前回”戦国ixa:本当に優秀な砲防スキルはなに?。期待値からみた考察。”にて、砲防スキルを考えてみました。次に、槍防を考察してみたいと思います。 砲防御と違い、槍防御となると”コスト比”が 重要視さ.. [続きを読む]
from ゲームは今でも心の友 戦国ixaの所領☆8考察 (2012-10-15 15:07)
 前回”戦国ixa:本当に優秀な砲防スキルはなに?。期待値からみた考察。”にて、砲防スキルを考えてみました。次に、槍防を考察してみたいと思います。 砲防御と違い、槍防御となると”コスト比”が 重要視さ.. [続きを読む]
from ゲームは今でも心の友 戦国ixaの所領☆8考察 (2012-10-15 15:15)


Copyright ? 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 戦国IXA(イクサ)攻略・日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。